会議弁当の平均予算について解説

人気ランキングはこちら≫≫≫


価格帯もしっかりと選ぶ
会議で食べる弁当もピンキリです。
安い弁当から高い弁当まで、その価格帯は非常に様々です。
いざ弁当を用意しようと思ったら、いくらくらいの弁当が相場になっているのかわからないという方も多いことでしょう。
価格帯は、会社で用意するとなるとコストとなりますので間違えてしまうと大きくマイナスとなってしまいます。
そこで会議弁当の予算はどのくらいになるのか、各シチュエーションで相場をまとめていくことにします。

1000円台は会議の合間に
手頃な値段で購入することができる会議弁当は、まさに会議の合間で食べる時にオーダーしましょう。
1000円以下といっても、会社の食堂以上の料理を楽しむことができるので、ついつい笑顔になってしまうこともあります。
そして提供しているお店も多いため、和食や洋食そして中華など様々なジャンルがあります。
仕出し料亭なども1000円以下の弁当を販売していることがあるので、一度探してみてもいいでしょう。
例えば都内で有名なとんかつ店「まい線」ではとんかつをかつサンドにして弁当に入れて販売をしています。
一見豪華な感じがしますが、価格は850円となっています。
リーズナブルな弁当も良質な食材を使って作り出しているのです。

重役の昼食会はいくらが平均か
会社のミーティングなどで重役が出席している時には、少し豪華な弁当を用意しましょう。
1000円以下となると、会社の質を問われることもあります。
弁当がどのくらいのものを出しているかで、他の人から見れば儲かっている会社なのか判別することができるのです。
平均的な価格帯は1300円から1800円といわれています。

大事な商談やお客様には
この商談は会社にとって大きな商談になるという時に、重要なお客様を招き入れることがあります。
このような時には豪華な弁当を用意しましょう。
価格帯としては2000円台が平均となっています。
料亭などで提供されている弁当も効果的です。

人気ランキング

淀屋(よどや)

サムネイル
公式HPを見る

淀屋(よどや)は540円のリーズナブルな弁当から1,500円以上の高級弁当まで幅広いメニューのお弁当を販売しており、大阪の宅配弁当屋で一番人気です。


美味しさは当然の評判ですが、800円以上のお弁当に関しては全てお茶を無料でつけてくれるクーポンが非常に喜ばれています。


また、予算や用途などに合わせて1,000食以上の大量注文にも対応可能ですので、 運動会や団体旅行、特別な会食などの方にもおすすめです!


毎朝すべて手作りしている『淀屋(よどや)』は本当に美味しそうですよ!ホームページから注文できます。


おすすめポイント

  • ・540円~と幅広い品揃え!
  • ・12時までの注文で翌日配達
  • ・1,000食以上の大量注文にも対応可能!
価格帯 540円(税込)~
注文方法 ホームページ/電話/FAX
受付時間 平日9:00~18:00
配達エリア 北区、淀川区を中心に料金により変動あり 【詳しくはこちら

美家古(みやこ)

サムネイル
公式HPを見る

美家古(みやこ)は大正15年創業という老舗中の老舗です。
80年という長きに渡って「美家古(みやこ)」がこだわってきた本物の「味」と「彩り」を提供してくれるおすすめのお店です。


中納言

サムネイル
公式HPを見る

中納言は、伊勢海老料理で有名な高級料理店となっていますが、そのお店が出しているのがこだわりの高級弁当です。
また、リーズナブルな価格で高級料理店の味を楽しむことができるお弁当もありますのでおすすめのお店です。


会議弁当について

会議弁当の口コミ・評判



PAGE TOP