会議弁当 お茶について解説

人気ランキングはこちら≫≫≫


会議弁当につけるお茶は?

会議弁当と切っても切り離すことができないのがお茶です。
食事の時には、飲み物は切り離すことができないものですから、必ず一緒に用意されていますが、このお茶も季節などによっても大きく違ってきます。

温かいお茶が良い場合もあれば冷たいお茶が良い時もあります。
通常の会議などでは、ペットボトルで用意することが多くなっていますが、会議によっては、ペットボトルではなく、ちゃんと入れたお茶の方が良いという場合もあります。

人数が多くなればそこはやはりペットボトルが便利でしょう。
暑い時期などは、500ml位の量でも大丈夫でしょうが、寒い時期などは、多すぎてしまうということもありますから量も考えた方がよいでしょう。

会議の時のお茶の種類は?

会議弁当と一緒に配ったりするお茶は、だいたい緑茶がとなっています。
緑茶であれば、日本人なら日常的に飲んでいるものですから、安心でしょう。

ペットボトルのお茶などでも緑茶の種類がとても多くなってきていますから、人の好みもありますが、会議などの場合には、たくさんの人が集まりますから、一般的なものにしておけばよいでしょう。

お茶といっても緑茶だけでなく、紅茶や麦茶などいろいろなものがあります。
麦茶などでもよいのかもしれませんが、一般的に食事の時には、緑茶というのが多くなっています。

最近では、お茶などではなく、ミネラルウォーターなどを出す場合もあります。
ミネラルウォーターならどんな食事にも合い、苦手な人もあまり聞きませんからよいのかもしれません。

会議弁当のお茶はどこに頼む?

会議弁当につけるお茶はどこに注文するのでしょうか。
お弁当同様、様々ですが、お弁当屋さんに会議弁当を注文した場合には、お茶も一緒に注文してしまうということも多いようです。

ペットボトルのお茶でも温かいもの冷たいもの用意しているところが多いので一緒に頼んでおけば便利でしょう。

料理屋さんなどに頼んだ場合でもお願いすることができるますが、研修会のような場合で数があまり多くなるようであれば、酒屋さんなどに頼むのも方法でしょう。
きちんと発砲スチロールなどに入れて温度を保ちながら用意してくれますから、便利です。

会議の人数などに合わせて検討してみるとよいでしょう。

人気ランキング

淀屋(よどや)

サムネイル
公式HPを見る

淀屋(よどや)は540円のリーズナブルな弁当から1,500円以上の高級弁当まで幅広いメニューのお弁当を販売しており、大阪の宅配弁当屋で一番人気です。


美味しさは当然の評判ですが、800円以上のお弁当に関しては全てお茶を無料でつけてくれるクーポンが非常に喜ばれています。


また、予算や用途などに合わせて1,000食以上の大量注文にも対応可能ですので、 運動会や団体旅行、特別な会食などの方にもおすすめです!


毎朝すべて手作りしている『淀屋(よどや)』は本当に美味しそうですよ!ホームページから注文できます。


おすすめポイント

  • ・540円~と幅広い品揃え!
  • ・12時までの注文で翌日配達
  • ・1,000食以上の大量注文にも対応可能!
価格帯 540円(税込)~
注文方法 ホームページ/電話/FAX
受付時間 平日9:00~18:00
配達エリア 北区、淀川区を中心に料金により変動あり 【詳しくはこちら

美家古(みやこ)

サムネイル
公式HPを見る

美家古(みやこ)は大正15年創業という老舗中の老舗です。
80年という長きに渡って「美家古(みやこ)」がこだわってきた本物の「味」と「彩り」を提供してくれるおすすめのお店です。


中納言

サムネイル
公式HPを見る

中納言は、伊勢海老料理で有名な高級料理店となっていますが、そのお店が出しているのがこだわりの高級弁当です。
また、リーズナブルな価格で高級料理店の味を楽しむことができるお弁当もありますのでおすすめのお店です。


会議弁当について

会議弁当の口コミ・評判



PAGE TOP